アネステ ANesthe 十三店口コミ 総口コミ 16件

受付・店舗 十三 / 阪急十三駅西口より 06-6390-8284
店舗トータル満足度
性感・ マッサージ
雰囲気
コストパフォーマンス
受付対応

アネステ ANesthe 十三店 スタッフ体験談

スタッフ体験談 癒し系セラピのエロエロプレーを体験!

4月2日にオープンされたばかりの十三のホテルエステの『アネステ ANesthe 十三店』さんに行ってきました!

場所は、十三栄町商店街を進んでいくと

左手にセブンイレブン右手にカリトロというお店が出てきますので

カリトロの左側の階段を上がり右側の扉を開けると

アネステ十三店さんになっています。

店内はめちぇめちゃ綺麗で雰囲気も良い感じです。

私が行ったときには、同志が1名が受付をされていました!

待合室で受付の順番を待ちます。

同志が選び終わり次は私の受付です!

初めてと伝えるとかなり丁寧に説明して貰えます。

パネルも待ち時間の順番に並んでいるのでわかりやすいです。

私は今回、『さき』さん(26) 155/84(C)/59/86 を選びました。

アネステ十三店 さきさん

さきさんは指名ランクも2位でボディケアの技術もエキスパートランクですので、

性感もマッサージも期待できるのでは?と期待が膨らみます!

コースは、80分パックコースを選択しました。

トップレスとソフトタッチが込みになっているコースです。

お風呂サービスも付きますのでこちらのコースを選びました。

通常は18,000円+エキパートランクの指名料2,000円の20,000円なのですが

オープニングキャンペーン中ということもあり、16,000円(税別)でした。

再び、セラピストさんの準備ができるまで待合室で待ちます。

準備が出来て、いよいよご対面です!

「おぉ、キレイな小柄なセラピさんです!」

腕を組んでホテルへ移動です!

ホテルも綺麗です。

受付でホテル代を払い部屋へ。

部屋に入ると、ちゃんと上着をハンガーに掛けてくれます。

さきさんは、テキパキと準備をされます!

オイルを選ぶのですが、さきさんは自分でオイルの効能などを

書いた表を自分で作っていて、すごくわかりやすかったです。

臭いの無い形も選べるのですが、私はベルガモットを選択!

次は、服を脱がしてくれます!

シャツから脱がしてもらい、ズボン・靴下までも!

そして、パンツも!

いいですね。脱がして貰うってのも(笑)

さきさんも服を脱ぎますがついついジロジロ見てしまいます。

美乳でスタイルもいいです!

まずは、お風呂で洗ってもらいます!

泡々で密着しながら耳元で吐息が聞こえるくらいの密着です。

これだけでちょっと大きくなってしまいました。

洗い終わると浴槽につかりますが

ここでも密着ありの乳首責めありで、

完全に大きくなってしまいました。

お風呂から出るとここでも体を拭いてくれます!

何から何までキッチリされています!素晴らしいです!

いざ施術です。

さきさんは、トップレスでTバック姿です。

まずは、足裏からですが

力強いですし、ツボを心得ていてかなり上手いです!

ふくらはぎ、ふともも、お尻と進みますが

やはり上手い!脚にまたがって密着しながらしてくれますので

大事な部分の温もりを脚で感じることができます(笑)

いろんな意味で気持ちいいです。

続いて背中ですが、ここでは肘なども使いながらやってくれました。

かなり本格的です!

続いて仰向けになり性感タイムです!

私の股の間に座り、フェザータッチで全身を弄られたり、

乳首をコリコリ、ペロペロされたり性感を高められます!

たっぷりのローションを使ってのハンドサービス!

シコシコ速度も強弱などあり、男心を良く心得ておられます(笑)

だんだんと大きくなっていきます!

こちらも、さきさんの乳首をコリコリしてみたり、おっぱいをモミモミしてみたりします。

お尻も触り心地が非常にいいです(笑)

すると、耳元で吐息が!これがまた興奮しちゃいます!

さわられながら全身リップをされているとギンギンになっちゃいました!

手の動きもだんだんと早くなり、フィニッシュとなってしまいました!

そしてシャワーへ移動して最初のシャワーと同じように密着洗体で丁寧に洗ってもらいました。

着替えて、名刺を貰いお店近くまで歩いて帰路につきました!

最初から最後まで丁寧で、マッサージ技術もしっかりしていますし、

男心を心得たプレーで気持ち良く、トークでも楽しむことができました!

指名ランク上位な理由がわかります(笑)

風俗エステはなぁ~と思っておられる方は、

一度『アネステ ANesthe 十三店』さんをご利用されてみて下さい!

帰るときには、『こんなに良かったんや!』と思って帰ることができると思いますよ~

ページTOPへ