REST堺店 (レスト)口コミ 総口コミ 0件

ルーム 堺 / 泉北高速鉄道「光明池駅」より徒歩10分 072-557-0184
店舗トータル満足度
マッサージ
雰囲気
コストパフォーマンス
受付対応
REST堺店 (レスト)
お気に入り 気になる店舗リスト登録 0人
HP URLhttp://www.sakai-rest.com/
ブログURLhttp://ameblo.jp/072-557-0184/
TEL 072-557-0184
営業時間 11:00~24:00
住所大阪府和泉市伏屋町3丁目(光明池運転免許試験場近辺)
求人情報求人情報を見る

口コミ投稿   気になる店舗リストへ登録
男性専用 / リピーター特典あり / クレジットカード可 / 領収書発行可 / ファミリータイプ / 完全個室 / シャワー時間別 / 有資格者在籍

店舗コメント

南大阪・泉北・和泉市初、堺市に癒しのマッサージ 完全個室的空間・厳選女性セラピスト在籍 アロマオイルマッサージ、
光明池駅から10分、高石市、泉佐野市、泉大津市、岸和田市、貝塚市、泉南市、阪南市からは15~20分。今話題のメンズサロンがオープン!!

REST堺店 (レスト) スタッフ体験談

スタッフ体験談 南大阪での絶世の美女との出会い

堺をはじめ、南大阪地域で支持を集め、今や南大阪のエステを語るうえでは外すことのできないお店、ヒーリングサロンRESTさんの体験レポートです。

ひとりひとりに異なる手わざをコンセプトに人気を集めておられるお店様とお聞きしていますので、セラピストさんをいつも以上に慎重に選びます。

オフィシャルサイトを見るとセラピストさんの在籍も多いので、物凄く悩みましたが
様々な情報を元に、私はあいりさんに入らせていただきました。

私が指名した、あいりさんはまだレストさんに在籍して間もない模様ですが、評判の良さから各所で騒がれ、予約を簡単には取ることが出来ませんでしたが、何とか予約成功。

レストさんは堺(光明池)と泉佐野にお店を構えられていますが、私の予約日にセラピストさんが堺のルームに入るとのことで、堺に向かいます。マンションの場所は光明池の運転免許試験場のすぐ近所だったので、駅から歩いて向かいました。

・・・・・・・・・・・・・・

ルーム前に到着し、インターホンを押して、あいりさんとご対面です。

綺麗、美人、かわいい
・・・どれも当てはまります。
私のメンズエステ史上、三本の指に数えられるビジュアル。

セラピストさんの容姿については、人それぞれ、趣味のありますので、
深くは触れないことが体験レポートの鉄則です。
でも、誰が見ても納得するレベルです。100点満点!

そんな、絶世の美女・あいりさんに施術ルームまで案内していただきます。
ここで90分の施術料\13000を支払い、
カウンセリングシートを記入し、オイルの種類を選択します。
(※施術内容、オイルともに、あいりさんに身を委ねることにします)

そしてお風呂タイムです。
施術当日は寒波の真っただ中、肌が痛いほどの寒さの日でしたので、
脱衣場には暖房が設備され(もちろんついています)ていたことが物凄く好印象でした。
また、案内された時にはシャワーも出していただいておりました。

最近、メンズエステに来てもシャワーを自分で出すことが多かったですので、
この細かな気遣いのありがたみを噛みしめます。(寒いときは特にですよね)

シャワーを終え、施術ルームに戻ります。

・・・・・・・・・・・・・・

施術ルームに戻ると、照明が落とされ、「これぞメンズエステ」という雰囲気を演出。
高ぶる気持ちを抑えながら、うつ伏せでマットに寝ころびます。

まずは足裏から付け根までの施術です。
ファーストタッチから力強い圧加減に安心感を覚えます。
(ここで圧加減が弱いと、私は残念な気持ちになります)

メンズエステやマッサージ経験がないということが嘘のように思える施術。
ただ単に手のひらで押すのではなく、指を使ってリンパが流されているのがわかります。

足の付け根までしっかり流してもらいます。

続いて上半身!
腰が凝っているのがわかったのか、しっかりマッサージしてくれます。
(セラピストさんに聞きませんでしたが、凝っているのがわかったならありがたいです)

腰、背中、肩甲骨、肩と、力加減が低下することなく、
安定の圧加減で終始ご満悦の私。

セラピストさんは若いのに聞き上手な方で話も弾みます。

仰向けにスタイルチェンジ。仰向けも下半身からです。
しっかりと際どい箇所まで流してくれます。
その後は上半身と手のマッサージ。
セラピストさんが綺麗な方だと、手のマッサージは照れます

・・・・・・・・・・・・・・

上半身(仰向け)の施術を終え、そろそろシャワーかな?
と思ったら、セラピストさんは再度足の方へ移動。

もしや・・!
と思ったら正解でした。
そうです、鼠蹊部の集中施術です。

ここまでで十分すぎる内容でしたので、ここで終わってもご満悦でしたが、
最後にきた「メンズエステ」の王道施術!

当然、ここまでの鼠蹊部の施術とはまるで違います。

以前から感じていたのですが、
鼠蹊部の施術中に会話が無くなるのはなぜなのでしょうか?
私だけなのでしょうか?

この日の私も会話は止まりました。(不思議なものですね)

・・・・・・・・・・・・・・

施術終了後のお風呂も、施術前同様で一切寒い思いをせずに
あたたかくオイルを洗い流すことができました。

あいりさん、流行る予感しかしません。
「絶世の美女」はお世辞ではありません。

是非ともその目とその体でご確認下さい。

リラリラ
ページTOPへ